ABOUT

PROFILE

折茂 武彦 / Takehiko Orimo

1970/05/14

190cm/77kg

埼玉県上尾市出身

レバンガ北海道

幼少期の頃から伝説は多かった。バスケットボールが導き、埼玉栄高校から日本大学に進む。正確な3Pを武器に大学4年次にはインカレ優勝に貢献。卒業後1993年、トヨタ自動車に入社。同年全日本入りを果たし、広島アジア大会や1998年の世界選手権など国際大会を数多く経験。トヨタでも中心選手としてタイトルにも貢献する。当時から神がかりな3Pは日本一と称される。2006年世界大会では4年ぶりに全日本のメンバー入りを果たし、最年長としてチームを支えた。2007年、14年間在籍したトヨタから新たに設立されたレラカムイ北海道に移籍。チームに大きく貢献した。レラカムイ移籍後のホーム開幕戦で勝利をおさめ、北海道の熱狂や歓迎ぶりに『バスケを長年やってきて、ホームでの勝利がこんなにいいものだと初めて知った』と語った。彼はシュートリリースの際、中指の伸ばし気味の爪に引っ掛けリリースする。2007年シーズン終了後のファン感謝イベントの紅白戦でプレーした際、『爪を切っちゃったからシュートが入らない』とコメントしている。3Pの他、スクリーンの使い方はNBL屈指と言われている。2010年、対東芝戦においてリーグ史上初の通算6000得点を達成。2011年、一般社団法人を設立、同時に新チーム『レバンガ北海道』を設立。理事長に就任し、国内プロ団体球技では異例の選手兼オーナーとなった。同年、対栃木戦においてリーグ史上初の通算7000得点を達成。2013年、NBLのオールスターに選出される。2015年、orimo9.comを立ち上げ、新鋭クリエイターと新たな試みを開始。折茂プロデュースブランド『Dagger』をスタート。また、レバンガ北海道は来年度から新設されるリーグに1部入りが決定。今も進化し続けるヒーローは9000得点という驚異的な記録を達成目前としている。今後も注目される日本バスケットボールの伝説は彼が作るであろう。

Dagger (ダガー)

日本バスケットボール界に伝説を作り続ける『折茂武彦』がプロデュースするブランド。
ダガーとは試合を決めるシュートの意を指す。折茂が試合を決める3Pをイメージした。
ウェアからグッズまでバスケットボールからインスピレーションを受けた新しいライフスタイルを提案する。